働き方を考慮して選ぼう

コスメ

やりたいことを明確に

メイクに携わる仕事につきたいのならば、メイク専門学校に通うのが基本です。メイクをする人のことをメイクアップアーティストと呼ぶこともありますが、フリーのメイクアップアーティストはごくわずかで、たいていはどこかの会社や組織に所属しています。いずれフリーのメイクアップアーティストを目指すにしても、まずはどこかの会社に入って人脈を作るのがおすすめです。会社に入るためには、基本的な知識と技術を磨く必要があります。基本的な知識と技術を磨くためにはやはりメイク専門学校に通うのが最短ルートです。バイトしながら学ぶという手もありますが、時間がかかりますし基本が抜け落ちるという可能性もあります。メイク専門学校で体系だてて学ぶことがおすすめです。メイク専門学校を選ぶときは、美容師免許をとるかどうかが一つのポイントとなります。美容師免許は取っておくと必ず有利になりますが、働き方によってはほとんどいらないこともあります。ヘアメイクというように、ヘアセットとメイクはたいていセットで行われるものなので、美容師免許をとって損はありませんが、美容師免許の勉強が入るとメイクの勉強時間が少なくなるのも確かです。まず自分がどのように仕事をしていきたいのかを明確にしておきましょう。あこがれのメイクアップアーティストがいるのならば、その人の経歴を調べてから学校選びをするのも手です。また実習が多いかもポイントです。実習で現場に行くことがあれば、そこから仕事につながる人脈ができることもありえます。在学中からパイプを作っておくと後々便利です。